POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
課長「島耕作」ではなく、その名前は?
JUGEMテーマ:ビジネス 
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


先週の土曜日は勉強会の後、

最強のスタッフと一緒に
コトPOPマイスター検定(仮称)のミーティングをしました。

無事終わってから、

ボクの大好きな居酒屋「塚田農場」で
お疲れ様!の一杯。


この店は宮崎県産の食材を中心にメニュー構成していて
料理はどれもウマイのですが、

さらに素晴らしいのが



販促!!

そのひとつが、来店の度にハンコが押される名刺。

まず一度目の来店で、
主任の名刺が渡されます。

その後、来店回数が増えるにつれ
係長、課長…と昇進していくのですが、

この設定が意外と楽しい!!


知り合いは会社近くの「塚田農場」に通いに通って、

なんとあとスタンプ1個で社長に上り詰めるそうです。

これはもう会社に通ってんだか、
「塚田農場」に通ってんだかわからないぞ


そんな「塚田農場」で
「島耕作カード」が出来た!」というPOPを発見!



ボクが「これどんなの?」

と、店の女の子に訪ねてみたら・・・・・



「ハハハハハハハ・・・

それ、島じゃなくて・・・鳥耕作です。」



あん、なに〜〜〜〜〜!?
島耕作じゃなくて、鳥耕作だとぉーーー


と、POPをよく見直せば、確かにではなくになってる。

なるほどここは宮崎地鶏がウリだからね…と思わず納得!!


銀座店はサラリーマンが多く来店するので、
こんなシャレも効かせてます!とのこと。


オヤジギャグなネーミングに、

当のオジサンも乾杯です、いや完敗です

| pop-school | コピー | 23:17 | - | - | - | - |
景品表示法について
JUGEMテーマ:ビジネス
 
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


みなさんは景品表示法を知っていますか?

小売業、飲食業のすべての方に関係がある

正式には、不当表示景品類及び不当表示防止法という法律です。


長々決まり事はありますが、

不当表示防止法に限っていえば

「商品について消費者が不利にならない正しい表示をしなさい」というもの。


当たり前、と言ったら当たり前なんだけど、

どの業界もこの法律のことが正しく理解されていないため


このPOPコピー

完全にアウト!!!

のPOPが日本全国に蔓延しています。


その数は天文学的数字。


仮に消費者庁がこの件でPOP1点づつに指導に入ると
1000年は超える・・・。


だから店は自覚と自立を持って

この問題に取り組まなくてはならないのだ。


お客様のためであり、お店のためである。


そんなPOPを指導するために

ボクは今、
景品表示法のカテゴリーマスターを目指しています!


コトPOPと一緒に景品表示も指導していく。


これがボクのこれからの研修スタンダードです。
| pop-school | コピー | 23:29 | - | - | - | - |
1本のメールから「言葉の力」を見つけた!(必見)
 「POPの学校」の校長 山口 茂です。


先日、知り合いの方から1本のメールを頂きました。

「偶然見つけたのですが、ぜひ見てください」
と書いてあります。


すでにご存じの方もあるかと思いますが、

まず下のURLからどうぞ↓
The Power of Words




目の不自由なご老人はこう書きました。

I’m blind
please help

私は目が見えません。助けてください。



しかし通り過ぎる人々の多くは
無関心です。



そこにある女性が歩み寄り、

It's a beautiful day
and I can't see it.

今日は素晴らしくよい天気です。
でも私には見ることが出来ません。

と書き直しました。


すると今まで知らんぷりだった人達が

彼に気づき、彼の置かれた立場を思い
何かの役に立てたらと、

行動を起こしたのです。  



「何をしたのか」と尋ねられた女性は

「違う言い方をしただけ」と答えるのですが・・・



The  Power of Words



言葉の力とは、

まさにPOPそのもの。


気づかせて、
興味を持たせて、
欲しいと思わせて、
購入行動を起こさせる。


それがPOPのWords・・・コピーにかかっているのです。



   
さあもう一度、自分の書いたPOPの点検してみよう!!

何かが起こるかもしれませんよ!
| pop-school | コピー | 10:12 | - | - | - | - |
なにやら「美味しそうな名前」のカツ丼だなあ〜
「POPの学校」の校長 山口 茂です。 


家の近くのローソンに
行ってきました。

ボクの家は神奈川ですが

一時はかなり品薄を感じた店内も
乾電池と水を除いて、

商品が戻っています。


そんなローソンをくまなくチェックしていると、

なにやら「美味しそうな名前」のカツ丼を発見!


『ロース肉の旨味をとじこめた

濃厚たまごのカツ丼』






いや〜、惹かれますねぇ〜、この名前。


ちょっと長くて一回では覚えられないけど
「うまさの理由」が具体的に書かれていて

美味しさを上手く訴求しています!


これって、


ネーミング自体がPOPです!!!


そこまで計算してネーミングを考えていたのか、どうか

わからないけど・・・



まぁ、そんなことより、

ボクの腹ペコの胃袋を
激しく揺さぶったのは紛れもない事実です。
| pop-school | コピー | 18:59 | - | - | - | - |
第24回サラリーマン川柳コンクール
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


昨日の部長研修で昼食の時に話題になったのが、

第一生命のサラリーマン川柳です。



今年もノミネートされた100作品が発表されたばかり。


なぜ、話題になるかといえば

全作品を通じて流れているオヤジ達の

「わかるわかる」

「そうだよね」

「うちだけじゃなかった」


・・・という「共感」 がそこにあるから。


だからみんなの支持を得るのです。




これはコトPOPを作る時も同じこと。

お客様の共感を呼ぶコピーづくりが大事なのですね。






さて、今年のボクの一番のお気に入りは・・・


「そびえ立つ 妻は我が家の スカイツリー」


うまい!まったくもって共感です!!!と
ボクと同じ反応するヒトが

日本中にたくさんいるだろうから、



今から結果発表がとても楽しみです。
| pop-school | コピー | 18:21 | - | - | - | - |
足の冷えない不思議なくつ下
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


先日、TVを見ていたら

「足の冷えない不思議なくつ下 」という商品の
CMが流れていました。


不思議?・・・・・


普通なら「足の冷えないくつ下」でいいはずなんだけど、

そこに「不思議」というコトバを入れてある。


ボクもそうだけど

TVCMを見ていた多くの視聴者は、

何が「不思議」なんだろう?
どんな風に「不思議」なんだろう?

と思ったはず。


つまり、「不思議」というコトバを使うことで、

一瞬で記憶に残し、
商品に興味を持たせてしまった、ということなんです。


「足の冷えない不思議なくつ下」


狙いどうりのいいネーミングでした。



どんな「不思議なくつ下」かはコチラをご覧ください。
| pop-school | コピー | 18:11 | - | - | - | - |
思わず納得したCMとは?!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


「2010年

日本でもっとも

胃が痛かった男」


そんなTVCMが流れていました。

誰だろう?

と振り返って見てみたら、

あの岡ちゃん(サッカー日本代表前監督)でした。




思わず納得。


確かにねえ〜、辛かったよね、あの時は。



でも、なんだか今はあの悲壮感はないので、

選手交代!!!



今、日本でもっとも胃が痛い人は、




管 直人総理大臣







・・・・・・・・・・・・・・・・・のオクサン・信子夫人でしょう!!
| pop-school | コピー | 17:24 | - | - | - | - |
1人+1人=5人を実現する人材活用セミナー
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


このタイトルは、
とあるセミナーのドアに付けられていたもの。


なんか、やや胡散臭い(うさんくさい)けど




「1人+1人=5人を実現」


いったいどうやって1人+1人を5人にするのか?


ほんとだったら、知りたいよなあ!!!




ちょっと受けてみたくなるような、
そんなヒトの心理をくすぐります。



セミナーではこういうタイトルの付け方次第で、

集客率が大きく変わって来る。



今年の秋のギフトショーでも

満席になっていたセミナーのタイトル名に共通していたのが、


「こんなことできたらいいな!」

と、思わせるタイトルだったよ!!




そういえば演歌で大ヒットした曲の歌詞って、

どれも「こんな女性がいたらいいな・・・」だよね
| pop-school | コピー | 23:07 | - | - | - | - |
会話調の手配りチラシ
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


ボクの家の近くに、小さなインテリアショップがあります。


主に絨毯やカーテンを売っているのですが、

そのショップで会話調の手配りチラシをもらいました。




決算セール開催中!

と、タイトルにあります。


当然、価格のことは書いてあるのですが、

書き出しはお客様への「ねぎらい」「感謝」の言葉です。


手書きで、しかも会話調とくると、

自分に話しかけている感じがして、親近感があります。


チラシはカラーでなくても、
モノクロで十分!


お店のお客様に対するスタンスを伝えるコトが

とても大切なのです。
| pop-school | コピー | 05:36 | - | - | - | - |
春日部のラーメン屋の色紙に書かれていた言葉とは?
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


今日は春日部のララガーデン春日部で

POP研修を行なってきました。


午後からの研修だったので
春日部到着後、まずは腹ごしらえ。


前回の打ち合わせに来た時、ちょっと気になっていた

「会津ラーメン」に入ることにした。


会津といえば味噌ラーメンでしょ!!

と勝手に想像し、迷わず味噌を注文をしました。


運ばれたラーメンを前に、店員の方が

「濃かったり、薄かったりしたら言ってくださいね」と一言。


「???????????」


えっ?このまま食べちゃいけないのか?!
これって、最高のお客様第一主義?
それとも味に対するこだわりのない店?


なんてゴチャゴチャ考えながら食べていたら

すっかり味を楽しむのを忘れていました。



しかし、お店のトイレにはこんな色紙が!!!!!



あ、なるほど「遊び心」だったのね。


それでもなかなか出来ないこと。

だからそれをやったお店が
成功するというわけですね!
| pop-school | コピー | 00:15 | - | - | - | - |

一番上へ