POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< 高知で、思わず記憶が蘇った!!! | main | だからボクは、ビックカメラの研修が好き! >>
月刊女性情報誌について
JUGEMテーマ:ビジネス
 
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


先日の日経MJに、

月刊女性情報誌の売上げランキングが出ていた。


みなさんは1位〜10位までに
ランクインした雑誌を全てご存知ですか?

それぞれに対象世代やターゲット、テーマなどが違いますが、

女性にモノを売る小売業の方は「今」の流れを見るためにも
絶対に知っていて欲しい10誌です。

1位 Seventeen
2位 non・no
3位 MORE
4位 nicola
5位 sweet
6位 steady
7位 VERY
8位 Popteen
9位 BAILA
10位 with
10位 GLOW


セブンティーンは1968年に創刊されて以来、

週刊→月2回→月刊と形と内容を変えながら

2011年も売上トップを走っているとはすごい!


実はボクもまさかこれが1位だとは思わなかった。


調べてみると、小学館のプチセブンが廃刊になったため
プチセブン派も取り込んだらしい。


女子中高生向き、とHPには出ていたけど

実際の購買層は小学校高学年から中学生まで。


この世代の影響力大ですよね。


女性誌もできる限り目を通すボクですが、

セブンティーンともなるとさすがに
本屋でのパラパラめくりもかなり辛い


高3の娘にセブンティーン買ってきて、と言ったら
軽く一蹴された
| pop-school | | 23:49 | - | - | - | - |

一番上へ