POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< ボクのお願い | main | 8月のユニー「コトPOP研修」(1)元気に終了! >>
「心が揺さぶられる手紙」とは
JUGEMテーマ:ビジネス 

「POPの学校」の校長 山口 茂です。

penが何をテーマにするか
いつも気にしています。

今月号の特集は「心を揺さぶる手紙」でした。





いろいろな方の直筆の手紙が紹介されています。


文体、文字のクセを見ているだけでも
人柄が見えるようでオモシロイのですが、

この特集を読んで感じたのは

手紙は「手書き」だけではなく、
ペン、便箋などの役者がしっかり脇を固めているから

より相手の心を揺さぶるのだ。


その中でも便箋でボクの一押しは、

なんといっても鳩居堂のモノ。





タテが短く、横に長い。そして色はエンジ。

タテの罫線も揺れているところがまたいい。

全てが黒い文字が美しく見えるように
計算されているのだと思います。



今、メール全盛時代だからこそ

手書きが見直されています。


POPもお客様の気持ちを揺さぶるのは、

やはり、最後は「手書き」なんだと思わせる一冊でした。
| pop-school | | 23:59 | - | - | - | - |

一番上へ