POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< ユニーグループ「コトPOP研修」in名古屋(2) | main | 明日は「コトPOP勉強会」at東京校です! >>
ユニーグループ「コトPOP研修」(3)
JUGEMテーマ:ビジネス 
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


8月のユニーグループ・コトPOP勉強会も今日が3回目。


夏の暑さと参加者の熱さに、ボクの頭もクラクラですが、

毎回、冒頭は・・・

「コトPOPの定義」から入ります!

POPには、「モノPOP」と「コトPOP」があり・・・
「モノPOP」とは、商品の機能や特徴を書いているものであり、
パッケージを読めばわかっちゃうもの・・・

・・・と、ここでみんな気づく!!
「もしかして今まで書いていたのはモノPOP?」



そう!!

「コトPOP」はパッケージに書いていない情報です。

だからお客様はそのPOPを読んでみようと思う。

「コトPOPはお客様の感情を引き出すことに特化したPOP」です。

だからお客様はすごく買いたくなる。


そんなコトPOPのことをもっとよく理解してもらい

売上アップと利益率アップに結び付けるため、

今年、改めて
みんなにわかりやすくコトPOPの定義をまとめました。


「コトPOPの定義」をもっと知りたい方はコチラからどうぞ。





さて、講義を受けてから制作した作品は

お客様に「何」を伝えたいか、がハッキリしています。

お客様を引き付ける「ウリの言葉」(キャッチコピー)の工夫と、

文字の大小、太さに変化を付けたレイアウトで
大変読みやすい作品が出来上がりました。

幾つかをご紹介します



カラーが豊富ならば何色か購入して洋服に合わせられる!という女性の
オシャレ心を引き出し、共感を生みます。




最後の一行、なるほど納得です!




子供を持つお母さんの大きな共感を生む「洗濯に強い」




年齢を問わずこのキャッチコピーには注視力があります。




「ジュワー」という擬音が、まさに桃を食べている瞬間を彷彿させて
「食べたい気持ち」を引き出しています。




色の使い方とPOPパターンで注目度と読みやすさがアップ!



皆さん、お疲れ様でした。
店に戻ってからが、本当の勝負です!!

頑張ってくださいね!!!

| pop-school | セミナー | 20:31 | - | - | - | - |

一番上へ