POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< 電話が多かった理由とは? | main | 家の近所に絶対来て欲しくないファミレスNo.1 >>
第37回「コトPOP勉強会」at東京校

JUGEMテーマ:ビジネス 

「POPの学校」の校長 山口 茂です。


今日はコトPOP勉強会(東京校)でした。

3連休の初日なのに勉強をしに来る人がいます。
その学ぶ姿勢に拍手

だから、ボクもその熱意に答えるべく、
この勉強会を出来るだけ学びやすい金額設定で
末永く続けたいと思っています。


ほら、よく学生街とかに

えっ!?

いまどき、この美味しさとこのボリュームで、
この値段???

と、みんながびっくりする定食屋さんが
あるじゃんないですか。

あれと同じ感じ・・・。


コトPOP勉強会で学んだ人達

全国でコトPOPの凄さやメリットを広め
商売繁盛の店を生み出せるようになって欲しい!!

参加者のみなさん!
だからドンドン、ボクからいろいろなことを引き出して
コトPOPを貪欲に学んでくださいね!!!





さて、今日のテーマと作品の発表です。

 ”濺臉愁僖
  「カフェロッティ」と「クイニーアマン」




カフェロッティを実食してから制作に入りました。
特に食品は、自分で味や香りや食感を確かめることが
大切です。




↑ パンの中身が見えて期待感アップ!!




↑ えっ!でも、もしかしたらそうかも?と思わせる
  タイトルに注視力あり!!




↑ わかりやすい味と食感の説明で
  トライアルを後押し!




↑ 飲み物を加えた食べ方提案があり、
 お客様の「そうだよね〜」という共感を生んでいる。





↑ マスキングテープを使ったラインやハートで
 仕上がりきれい、時間短縮!




↑ 「おいしさのヒミツ」が書かれていて、
  お客様の関心を呼びます。




↑ 文字を大きく太くすることで食べた瞬間のパリッと感が
  インパクトを持ってしっかりと伝わった。




↑ 韓国では専門店がある、というお客様の知らないことを伝え
 関心をもたせるとともに、「おいしさ」の証明としてお客様の
 納得も引き出している。
 



◆〔声製菓の板チョコで
   「盛りデコ」


最近、板チョコが売れないと言います。
そこで板チョコをベースに盛りデコなる作戦を
メーカーが考えつきました!!

盛りデコの詳しい情報はコチラ



↑ モールやリーフワイヤーを付けたことで立体感が出て
 注視力が大幅アップ!!




↑ 「知ってましたか?」「今風!!」などの言葉を使い、
  流行ってる感を訴求して女子の関心をゲット!




↑ チョコがトロリと溶けたように紙を切り出したアイディアが
 抜群!全体の色使いにもセンスを感じる。




↑ 「もう決まった?」と呼びかけたタイトルで、一気に
 お客様の興味・関心を引くことが出来る。
 盛りデコのイラストが秀逸で、実物を見ているよう!




↑ 作り方の手軽さをアピールしてトライアルへの垣根を下げた。
 



 江崎グリコ
  「つぶつぶいちごポッキー<ハートフル>」


グリコ・ポッキーはみなさんよくご存知と思いますが、
この度プレッツェルの断面がハート型のポッキーが新発売!!!



↑ 言葉で説明しにくい「クリームキャッチャー」をしっかりイラストで伝えたため、
 お客様はクリーム感のアップを納得!!




↑ コピーにリズムがあり、すっと頭の中に入り込みます。
 「グリコだけ」を強調して特別感を演出!




↑ 「ポッキー史上初!」というタイトルがお客様の興味・関心を
 引き出し、購入動機を刺激。レイアウト中央に視線を集める
 マスキングテープの使い方もGOOD!



同じテーマでも切り口、表現はその人の個性が出ます。
そこが、手書きのおもしろさですね。

テーマ提供者には、
これらコトPOPの作品の中から
1枚をプレゼント!

実際の売場でその効果を検証していただきます。

どんな異常値が出るでしょうか!!
とても楽しみです。



さて、今年度の「コトPOP勉強会」は、

11月26日(土)が最終となりました。


来年度の日程もすでに決まっていますので、

ご確認ください。
| pop-school | コトPOP勉強会 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ