POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< 「やる気と感動の祭典10」の申し込みはお済みですか? | main | コトPOP勉強会at名古屋校 >>
まさかの85%!!
JUGEMテーマ:ビジネス

「POPの学校」校長 山口 茂です。


あの嵐の21日、

タマスという卓球メーカー主催の研修を行ってきたばかりだが、

今朝の朝日新聞の
「VOICE OF ATHLETE」というコーナーに

卓球の北京五輪代表で全日本選手権男子シングルス5連覇中の

水谷 隼選手の話が載っていた。

それを読むと
卓球には体力・技術はもちろんのこと
用具がとても重要であることがわかる。

トップ選手ほどこだわりは強く、

彼は勝敗を左右するのは

用具85%:体力・技術15%だ、
と言っている。


えっ!逆じゃないんだ!!そんなに?!


ボクも野球をやっていたから
もちろん球技にとっての道具の重要性は知ってはいるが

野球とは比べ物にならないくらい、卓球は繊細で奥深いようだ。


今、水谷選手は初めて北京五輪から三年間、

同じラケットを使っているそうだが

汗や湿気で1グラム増えてしまった時などは、

自分の感覚にあうようにヤスリでけずったり・・・

ラバーを貼って2日目がベストなので

連戦では常に2日目のラバーで戦えるように
サブラケットを用意しているとか・・・

「なるほど」
と思うことがたくさん書いてあった。


卓球用品を扱う店は、

4月、5月の学生が部活に新しく入る時期が

一番の繁忙期だ。


その時に、水谷選手をして85%と言わしめる用具の大切さを
店頭で伝え切っているだろうか。

卓球の経験者や店にとって当たり前のことでも、
初心者にとっては知らないことだらけ。

だからもっともっとコトPOPで用具のことを伝え、
お客様に「気づき」を与えることが大切なのだ。

用具を知って使いこなす、自分と道具の相性を探し出すことが

体力や技術の向上と同時にできれば

試合で有利に働くこと間違いなし!!


その「コトPOP」を見て
「へー、そうなんだ、やってみよう!」
と思った中1が、

何年か後に日本代表に選ばれたりするかも知れません、よ。

| pop-school | グッズ | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ