POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
<< 具合の悪いハロウィンのカボチャ君 | main | クーポン券発行の意味 >>
セブンイレブンもPOP解禁!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。

今日の日経MJ(日経流通新聞)の記事によると、
ついに店の統一感がなくなるという理由で、

加盟店が制作する手書きPOP広告を含めたPOP類の活用に慎重だった、
セブンイレブンが積極的活用に転換すると書いてありました。



お客様の店内滞留時間の縮小が一因といいます。

短い時間で、お客様に情報を提供できるPOPの訴求力に、
やっとこさっとこ、認めたというところでしょうか。


簡単にモノが売れない時代だからこそ、
これからドンドン手書きPOP広告は必要とされます。

しかし、相変わらずPOPは店のイメージや雰囲気を壊す、
という方もいますが、大事なことは正しい情報をちゃんと伝えることです。
それが伝えられなくて店とは呼べないのです。

今、お客様は「店の名前」で選ぶ時代から、「情報の質」で、
お店を選ぶ時代に入っています。

つまり、POPで「何を」伝えるかが一番大事だということです。

そこを、早く気付いた店だけが繁盛するのですね!


            

ワクワク楽しい!「POP向上委員会」が開催されます。

■日時:11月10日(土) 午後1時〜6時
   10時30分〜11時30分までは、希望者参加による
   「なんでもPOP討論会」を行います。
■場所:世田谷ものづくり学校(東京・三軒茶屋徒歩15分)
■定員:10名(お申し込み先着順)
■参加費:5250円(税込み)

毎回大好評の、ティータイムがございます。

お申し込み、お問い合わせは、電話(03−5454−1371)
または、オンラインフォームから。

みなさんのご参加をお待ちしております。
| pop-school | コトPOP | 22:37 | - | - | - | - |

一番上へ