POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
益子で棟方志功に会う!
「POPの学校」校長  山口 茂です。


今日は栃木県の益子まで

「つかもと」の臨店指導に行ってきました。


益子最大の窯元「つかもと」のその広い敷地の中には、

たくさんの建物が建っています。


中でもボクが大好きなのは

「迎賓館」と名づけられた
芳賀地方の代表的な庄屋作りの建物。


今回初めて、中を見せて頂いたのですが


他を圧倒する骨太な造りもさることながら、

建物に入った時、目に飛び込んでくる

存在感のある広い広い玄関のタタキに感動してしまいました。


実はこの建物の玄関には、
棟方志功肉筆の「玄関」と言う文字が掛けられていたそうです。


今でも敷地内の「つかもと美術館」で

その文字を見ることが出来ます・・・が、



ボクが気になったのは、

棟方志功は何で

玄関に「玄関」という文字を選んだかということ。


今となっては、想像するしかありませんが、

ボクはやっぱり

アノ広い玄関の印象が強かったのだろうなあ・・・と思うわけ。



つまり・・・ひょっとして・・・ボクの感動は・・・

棟方さんが迎賓館で受けた感動と、
シンクロしてんじゃない!!






何か今日は

棟方志功に会ったようなイイ気分です。
| pop-school | デザイン | 23:59 | - | - | - | - |
クマの足跡、砂場に現る!!
「POPの学校」校長 山口 茂です。


研修ツアー中のボクは
家に帰ってくると、

溜まっている日経MJに目を通します。

先日も、面白い商品が紹介されているのを見つけました。


それは・・・


クマの足跡が付く子供の靴!!!


両足のソールの部分に
クマの肉球の形にデザインされたフクラミがあり
 
砂場や濡れた地面を歩くと

クマの足跡が出現するというもの。


機能的には、別になくてもいいものなんだけど
子供の気持ちになってよく考えられた

とても楽しい靴だと思いませんか?



残念なことに大人用はないようです(笑)



まあ、大人に必要なのは
クマの足跡ではなく

後ろ指さされない、まっ正直な足跡(ソクセキ)ってことで、


たまには自分の後ろにどんな跡が付いているか、
振り返ることが必要ですね。
| pop-school | デザイン | 23:14 | - | - | - | - |
似てるよねぇ〜、このデザイン。
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


大ヒット商品には

よく似たモノが後から必ず出てきます。


最近では、かの地の「似ている」問題がテレビで
毎日のように報道されていますが、


もちろん、日本にだってあります。




ひとつの例が、

北海道・花畑牧場の「生キャラメル」


その後「生キャラメルブーム」で、

一気に色々な生キャラメルが誕生しました。



これもそのひとつ・・・でしょう。


パッケージもなんか似てないですか?



「和三盆キャラメル」





大ヒットした商品をまねたデザインであれば、

すぐにその似た商品の存在を見つけることができるし、

味も「あんな感じ?」と、

お客さんが勝手に想像してくれるというメリットがあります。



しかし、当初は確かに売れるけど、
ブームが去れば苦戦です。



果たして、どれだけの商品が残っていくのでしょうか・・・
| pop-school | デザイン | 17:24 | - | - | - | - |
センスを感じる看板と原宿で出会う!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


先日、東京・渋谷から原宿を歩いていると、

思わず足が止まる看板を見つけました。




なんともアメリカンなデザイン。

イラストを見ただけで寸法直しの専門店とすぐわかります!

そして、その店のセンスが感じられますね。


そしてそして、センスがいいと
なんだか安心感が出て、お願いしたくなっちゃいませんか?



最近は、節約志向もあってか寸法直しをされる方も多いとか。

ボクもダイエット効果でベルトの穴が一つ、
・・・つまりました(軽く自慢!)


ということで、

もうじき寸法直しのお店に行かなくちゃ!と、
この看板が気づかせてもくれました。
| pop-school | デザイン | 22:36 | - | - | - | - |
このドアに書かれている文字は?
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


スーパーに行って、

ちょっと立ち止まったところの大きなドアに、

いろいろな食材がおいしそうに描かれていました。


しかし、


ここで見逃してならないことは、

このドアに描かれている文字なんです。


無機質なドアだと寂しいからイラストを

描いたのかもしれませんが、

本当の目的はこのイラストドアに書かれているんだけど、

誰もわからない。




みなさん、

わかりますか?





正解は・・・

























だったんですね。

見栄えも大事だけど、

伝えるところは伝えるという意識は必要ですね。
| pop-school | デザイン | 05:08 | - | - | - | - |
ポカリスエットのワールドパッケージデザイン
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


今日はドコモショップの次年度の打ち合わせで、

大阪に行ってきました。


行きの新幹線の中で車内誌を読んでいると、

世界中のポカリスエットのデザイン缶が載っていました。



↑ 1番上の中東の文字に感動!


おおおおっ−―!

カッコイイ!!



おもしろいPOP文字をサンプリングしているボクは、

思わず写真を撮ってしまいました。


・・・て、持って帰ればよかったか!

| pop-school | デザイン | 22:14 | - | - | - | - |
売れるお店はお土産用パッケージにもこだわっている!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


新横浜ラーメン博物館で
「大砲ラーメン」を食べたことを

以前ブログで書きましたが、


当日、この大砲ラーメンのお土産用を買って帰りました。


一緒に食べに行った大砲ラーメン2代目の友人が

「彼はもともとデザイナーを志していたから、
こういうパッケージにもメチャメチャこだわっているんだよね」

と言っていました。





パッケージばかりでなく、
ラーメンを作るという仕事もクリエイティブな作業です。

他にはない味を
絶対に生み出さなくてはならないから・・・



このうまいラーメンを作り出した2代目とは
どんなヒトなのか、

是非一度会ってみたいと思いました。
| pop-school | デザイン | 22:50 | - | - | - | - |
ファンだから作れる応援ボード!
「POPの学校」も校長 山口 茂です。


POP向上委員会に参加している

受講生から「応援ボードを作った!」という報告を受けましたので

了解の上、ご紹介します。



POPの学校 山口先生さま

お世話になります。

POPではないんですが、趣味が高じ(?)、
お恥ずかしながら
ワタクシが好きなバスケットボールチームを
応援するサインボードの
レクチャーをやらせていただきました。



リンク栃木ブレックス「アウェイホーム化計画

授業が役に立ちました!
ありがとうございます。


ひばら





どのスポーツでも選手だけではなく、

応援が一体になってはじめて選手の力を上回る
チカラが出せるもの。


そこで彼女が作ったのが、

BREX「応援ボード」

なかなかのアイディアものですね。


POPも同じ様に、
まず商品のファンになることが大切だと言うことです!!
| pop-school | デザイン | 22:03 | - | - | - | - |
思わず足が止まるデザイン!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


「ギフトショー」の楽しみは試食だけ!!

・・・ではなく

商品!!!


と、そのデザイン。



会場を歩いていると、

思わず足が止まるデザインに出会った。


↑ デザインの主は「かんぴょう饂飩」

なんともいえぬ「カワイさ」


出展者の方も、

毎年「このデザインだけで勝負しています」
と、ニコニコ顔で話をされていました(笑)


また、今回オヤ?と思ったのは、

ドレッシングやお酒の瓶のボディのデザインが
丸より、四角が多かったことです。

四角い方が、新鮮でオシャレで高級感を感じるからかな・・・



「思わず足が止まるデザイン」を作るのは、
POP、VMDの世界でも共通した課題です。


今回はこのグルメのブースをざっと回るだけで

2時間かかりましたが、

とてもいい勉強になりました。
| pop-school | デザイン | 09:27 | - | - | - | - |
わかりやすいデザインが買う動機につながる!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


いざ!!という時のために
我が家ではインスタント味噌汁を常備しています。

この場合の「いざ!」は

オクサンやボクが忙しくて
味噌汁を作る時間が無い時ね。



そんな味噌汁好きのボクですが

先日スーパーで、

「一杯でしじみ70個分のちから」という

お味噌汁を見つけました。




パッケージのデカ文字が
目に飛び込んできたのです。


デザインは至ってシンプル、

かつ大胆な文字のレイアウトでわかりやすい!


ボクは常々、インスタント食品は
インパクトで買わせるべきものと思っています。


「ウマイ!速い!安い!」をアピールするには

元気を感じさせることが必要だからです。


つまり、この「しじみ70個・・」からは
本当に70個分の元気パワーが

放射されていた、ということになります。


もちろん味も 星 星 星
| pop-school | デザイン | 20:23 | - | - | - | - |

一番上へ