POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
コンビニでもビジネス書が売れる!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。

コンビニといえば、最近は生鮮食品を扱う扱う店が増え、
決して安くはないけれど、品揃えの幅が益々広がって話題になったところ。

雑誌のコーナーでも、今までなかったビジネス書が
立ち並ぶようになりました。

ここは、特にオフィス街のコンビニではないので、
やはり男性客が多いことの現れでしょう。

当然、男性雑誌コーナーにあって、大人向けのマンガやファッション系、
自動車系、グラビア系雑誌と一緒に、気軽に読める読み物として入門書
が置かれています。

誰もコンビニで専門的な本を買おうと思う人はいません。

コンビニで買った入門書を読んで、もっと勉強をしたくなったら
書店へ行くのです。

広く浅くというコンビニのコンセプトは、本や雑誌の品揃えにまで
浸透して来ました。

それにしても、ビジネス書の真下にマンガの本だなんて、

アメとムチですナ


| pop-school | 売り場 | 23:36 | - | - | - | - |
インクの臭いからマイナスイオン
「POPの学校」の校長 山口 茂です。

原宿表参道ヒルズから少し歩いた青山に、
ボクのお気に入りの場所があります。

原宿は、世界のブランドショップが集まり、とても華やかな街ですが、
青山には、チョッと大人の魅力があるようです。

ここ書斎館は、万年筆専門店です。
ファサードの水辺には、「ト草」が生い茂り石畳を渡って入る店内は、
ほの暗く落ち着いた雰囲気に包まれています。



壁いっぱいにディスプレイされた万年筆を、
1本1本全部眺めようとすると、かなりの時間を要しますが、
ボクにとっては心休まる癒しの時間。



なぜって、

インクの臭いが大好きだからです!


なんか、インクの臭いって気分が落ち着きませんか?
マイナスイオン絶対でてるよ!

書斎館にへ来ると、森林浴をしたようにリフレッシュするのは
ボクだけかどうかは別として、

このお店では、視覚に訴えるデザインとともに嗅覚に訴える
インクの臭いが、購買心理を動かしているのです。

えっ!?それじゃあ、

鰻屋と一緒にじゃないかって!!!

まあ、そうなんですけど・・・・・
| pop-school | 売り場 | 23:50 | - | - | - | - |
「おせち」と箱根駅伝
「POPの学校」の校長 山口 茂です。

お正月も2日目。
定番の「おせち」でお過ごしですか?

我家では、「おせち」は元旦メニューとして
オクサン秘蔵のお皿とともに華々しく登場します!

2日には、日常使いのお皿に残りモノが集められて、
明らかにサイドメニューのポジションにランクダウンしています。

まあ、私が「おせち」がちょっと苦手ということもあり、
もともと少ない量しか準備しませんが・・・

「おせち」2日目は、「塩鮭」がメインになります。
でもどうでしょう?私の周囲の意見を聞いても、
女性の方が「おせち」好きが多いのではないでしょうか?

それはさておき、
「おせち」にそろそろ飽きる人も出てくるこの瞬間をとらえ、
売り場を作ることがとても大切です。

例えば、手軽に食べることの出来る

カップラーメン!!

単価は低いけど、ニーズに合って支持される売り場になること
間違いなしです。

ホラホラ、どこの家でも「おかあさん」と呼ばれる人は、家族に向かって


“じゃー!
カップラーメンでも食べておけば!!”


という言葉をよく使いますから、
特にお正月は保存食「おせち」があっても、
やっぱり主婦は忙しそう・・・

つまり、モノが売れる瞬間を敏感にとらえることが肝心なんだナアと、
スーパーでチャルメラを袋に詰めながら思いました。


| pop-school | 売り場 | 18:23 | - | - | - | - |

一番上へ