POPの学校「放課後の道草」

POP広告に関する研修、売場づくりの研修は日本で唯一のPOPマーケティング
コンサルタント「山口茂」におまかせ!
売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」と「売れる売場の法則」の企業研修、
コンサルタントで商売繁盛!

「クスッと笑えてためになるブログ毎日更新中!」
おべんとうの時間
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


ボクが「ANA」も好きな理由は、

機内誌(翼の王国)の中の
「おべんとうの時間」という連載記事が読めるから。




以前にも書いたけれど、

紹介されているお弁当が
その家族の風景画になっているようで

とても微笑ましいのです。


手づくりされたそのお弁当は

実に心がこもっていて温かさが伝わります。


ボクは出張が多いので駅弁をよく食べますが、

いくら高くても
やはり家庭のぬくもりには勝てませんね。



出来るなら「おべんとうの時間」だけの本を

作ってくれる出版社はいませんか?


POPはボクが担当します!
| pop-school | | 07:23 | - | - | - | - |
隠れ「ニーチェ」ファンでしたが何か?
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


ボクは高校生の時、

真剣に哲学の道に進もうと考えたことがあります。


ウソかと思う人も多いと思いますが(笑)


本当です。


もともと哲学的な本を読むのが好きだったのですが、


愛読書がニーチェだったんですね!



なぜ「ニーチェ」なのかといえば、

わかりやすかったから(笑)



先日、ふらっと立ち寄った本屋にニーチェの分厚い本、

『ニーチェの言葉』

が山積みされていました。


最近、また注目されているらしい。


帯には、

「人生を最高に旅せよ!」

と書いてあります。




春は別れの季節。


仕事でお世話になった方に、
似顔絵の額にこの言葉を書いて贈りました。




誰でも思いどうりにならないことの方が多いのですが、

さらに思いがけない方向に
人生の船が流れていった時にも、

どこにいても新しい出会いや、
今まで気づかなかった発見があるよ、と


ニーチェが教えてくれているのだと

・・・ボクは解釈しました。
| pop-school | | 08:02 | - | - | - | - |
ダイエット本「デブでした。」byパパイヤ鈴木
「POPの学校」の校長 山口 茂です。



「巻くだけダイエット」が140万部の

大ベストセラーで話題になりましたが、



このところ、注目のダイエット本といえば・・・

デブでした。」




振付師のパパイヤ鈴木氏が書いています。

確かにものすごーーーくやせました。


−33Kg!!!


これはもうチェックするしかない!!

誰だってダイエットに成功したいし
楽して確実にやせる方法ないか、探しているんです。



しかし彼のダイエットは、

本の目次を見る限り、

今までみんなが、取り上げてきたものばかり。


でも大事なのは同じデブ仲間が、
痩せたと言う事実。


じゃー、俺も出来るかもしれない!という

勇気をもらえること。




なんだけど・・・・

パパイヤさんがすごく強い意志を持って

ダイエットを続けていたからなんだよね、結局。



ボクは胸に手を当てれば、
数々のチャレンジと同じ数だけの失敗が思い浮かぶ。

まず、滝にでも打たれて

精神修養しなけりゃだめだこりゃ!!!
| pop-school | | 16:10 | - | - | - | - |
体重コントロール術
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


雑誌の「Tarzan」を買う!

テーマは、


『体重コントロール術』




ヒトサマから言われなくても・・・

自覚症状あります・・・

体重気になってます・・・


・・・だから買ってしまうんだよね。


そして買っただけでなんだか安心する、

ボクみたいな客がいっぱいいるから
この手の雑誌は売れ続けるわけ。



さて、あいかわらず

ゆるゆる・ダイエット継続中のボクですが

12月はどうしても外での
飲んだり食べたりが多くなります。


溜まった仕事を片付けようと、
今日も朝から座りっぱなしだったので

ふと、思いつき

オクサンがかなり昔に購入した
通販生活のステッパーに乗り

足を踏み踏みしながら

原稿の校正をしました(笑)
| pop-school | | 13:40 | - | - | - | - |
池波正太郎の愛した味
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


昨日、東京駅地下のコンコースを歩いていたら、

一軒の古本屋さんを発見!


その店頭には、

以前から欲しかった「池波正太郎の愛した味」という本が

並んでいました。




食通といわれた池波正太郎が愛した味と

ただの食いしん坊のボクが愛している味は、

どこがどう違うのか(笑)

恐れ多くも、是非比べてみたかったのです。


本を読み進むうちにわかったのは、

池波正太郎は

贅沢なものを好んでいたのではなく、

いつもみんなが食べるものの中に
「美味しいもの」を見つけ出していること。


但し、そこに作り手の想いやこだわりを感じる
「もうひと手間、もうひと工夫」があるものが、

大好きだったということです。


これからはもっと自分の舌と知性と
食いしん坊に磨きをかけ

ガイドやブランドに頼ることなく

池波正太郎のような

こだわりがわかるオトナになりたいものですナア。
| pop-school | | 10:09 | - | - | - | - |
コンビニでこんな本置いていいの?
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


毎日ではないけど、
よくコンビニを利用するボクが、

コンビニで一瞬目をうたがったことがあります。


それは、



『なぜ粗食が体にいいのか』




という本があったから!!!



コンビニといえば、

「粗食」とは無縁のようなカロリーパラダイス!


カロリーの高いポテトチップスや、
インスタントラーメンも品揃えは豊富。

デザート系もたっぷりだし
肉まん、あんまん、ピザまん、おでん!

と、おいしいものには事欠きません。


この本を立ち読みして肉まん買うのやめた!!


なんてことはないのだろうか?
・・・とちょっと心配しちゃいました。



★次回の「POP向上委員会」は、
 11月7日(土)午前10時から午後4時まで。
 皆さんの参加をお待ちしています。

| pop-school | | 10:18 | - | - | - | - |
POP向上委員会が雑誌に載ったぞ!!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


ついにPOP向上委員会の取材記事が掲載された

「月刊商業界」11月号が発売されました!


ボクが取材した手書きPOPの傑作店のページを含め
9ページに渡って紹介されています。


POPを始めたい人、

POPを極めたい人、


どちらにも超オススメです!



POP向上委員会のこともよくわかります。

実際にお店で使われている
POPのこともわかります。

そして手書きPOPのバリエーションが
書いているヒトの数だけあることが

よくわかります。


是非、ご一読ください!!
| pop-school | | 23:05 | - | - | - | - |
カミサンが激怒したワケとは?!
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


草木も眠る丑三つ時・・・


仕事のプレゼンがあり、

どうしても紙を切らなければならない。


カッターはすぐに見つかったが、

カッティングマットが全然見つからない。


そうだ!

この雑誌をマット代わりにしようと思いつき、


切る場所を変え何回も何回も切って

めでたく資料が出来上がった。



セロテープで補修はしたんですけど、
斜めに何本もカッターで切った後がわかる?!

一緒に写っているのは付録です。

  


翌朝、目覚まし時計より早く

オクサンの悲鳴がボクの体を硬直させた!!!


ぎゃーーーーー!!!!!!

なにこれえええ!

誰がやったの!!



と、すごい剣幕。


そ知らぬ顔でへらへらしていたが

「あのね、まだ買ったばかりで、読んでないんだからね!」

あ、スミマセン、あ、以後気をつけますと

後はただひたすら謝ったというわけですが・・・


最近のこういった女性誌は
付録が超充実しています!

(男性誌には見かけないけど)


付録というものは女性に、

お得感を強く感じさせるんですね。
| pop-school | | 22:13 | - | - | - | - |
なぜこの本を買ったのか?の理由
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


前からあの本を買いたくて探していました。


今日ついに買ったどおおおおおお!!!


店頭のPOPには、販売部数NO.1!
と書いてあった。
でも、売れてる理由もちゃんと書こうね。



そこでボクと同じ思いの人がいっぱいるからか、

・・・と勝手に想像しつつレジへ直行!


本のタイトルは、

『しがみつかない生き方』
「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール



著者は、精神科医の香山リカさん。



なんでそんなに読みたかったかと言うと、

ある日の新聞広告で

この本の中の
あるひとつの章のタイトルを発見したから・・・


第1章 恋愛にすべてを捧げない

第2章 自慢・自己PRをしない

第3章 すぐに白黒つけない

第4章 老・病・死で落ち込まない

第5章 すぐに水に流さない

第6章 仕事に夢をもとめない

第7章 子供にしがみつかない

第8章 お金にしがみつかない

第9章 生まれた意味を問わない

第10章 <勝間和代>を目指さない



それはどれでしょう?


どれも皆なるほどね、というようなタイトルが
それぞれの章についています。


ところが第10章は明らかに違いました。


今、飛ぶ鳥を落とすような活躍の勝間さんは
その著書の中で

ご自身のものすごくポジティブな

生き方や考え方を紹介して人気です。


その流れを逆行するような
勇気あるものの言いようにマズ拍手!


そしてその理由をどうしても

知りたくなったのです。



新幹線の中で

待望の本を全て読んでしまったボクは

香山さんが発信する
自然体の生き方に賛同しました。



「カヤマ」で行くか「カツマ」で行くのかは

一文字違いとは思えないほど

遠く離れた生き方かもしれません。
| pop-school | | 23:58 | - | - | - | - |
持ち帰り無料の相撲マガジン
「POPの学校」の校長 山口 茂です。


地下鉄「大江戸線」に乗って、
打ち合わせに行って来ました。


途中乗換えがあって、

コンコースを歩いていると・・・


「SUMOUマガジン」が

無料で持ち帰れるコーナーを発見!




相撲人気も若・貴をピークに下降。

芸能ニュースばかりをにぎわすことが多くて
良くも悪くも「朝青龍」頼みの今。


それでも熱心な相撲ファンがいるから

「SUMOUマガジン」を発行しているところがあるんだな、

どれどれと近づいてみたら・・・・・それは





「SUMOU」(相撲)ではなく、



「SUUMO」(住宅情報紙)


ああ、あの宇宙からやって来た
緑のでかいマリモッコリね!と

合点するまで

やや時間がかかったのは


ボクだけじゃないと思うよ!!



| pop-school | | 21:08 | - | - | - | - |

一番上へ